ANAマイルで台湾旅行⑨最終日☆高雄~台北、松山空港から日本へ。

 台湾旅行最終日。最終日ってのはいつも落胆しかない。

 台湾大好き人間なので、その台湾から離れるのが辛いのは当たり前だ。そして決まって「あぁ1週間前に戻らないかなぁ」とか、「航空会社が倒産しないかなぁ」とか非現実的なことを考えてしまう。

 神様お願い、もっと台湾に居たいです。

↓↓↓ 前回の記事を読みたい方はこちらからどうぞ ↓↓↓

ANAマイルで台湾旅行⑧五日目☆高雄でのんびりブラブラ、高雄忠烈祠で愛を語る。
 今日が台湾最後の夜と思うとかなり下がる。楽しい時間はあっという間だよね。そんな台湾旅行五日目は、午後過ぎまでホテルで良く言えばのんびり、悪...
ゲストハウスを後に

 共用スペースから外を眺める。というか、写真の構図が昨日と同じなところでやる気なさが伺える。ほんと帰りたくないなぁ。

 2泊させてもらった「GG Trip Hostel 旅聚居青年旅舍」のロビー。洗面が少し臭ったのが気になったぐらいで、アクセスとコスパは最高なゲストハウスでした。

 夕方4時過ぎの飛行機なので全然余裕はあるけど、台北でちょっと買い物したいので9時過ぎにチェックアウトしました。

 MRT美麗島站から、高鉄(新幹線)に乗るために左営站へ向かいます。

左営から新幹線で台北へ

 KKdayで予め購入した当日限定20%OFFの乗車券を受け取りに窓口へ向かう。KKdayは安くて便利なのでおそらく次の台湾旅行で南下するときも使うと思う。オススメ。

 高雄ー台北はひかり的な早いのだと1時間半、こだま的な各駅だと2時間かかる。次の新幹線がちょうど少し早く到着するので116号に決めた。11:29に台北に着くようだ。

 新幹線が来たので乗り込む。さよなら高雄。

台北~松山空港

 11時半に台北についたあとは、恒例のばらまき土産を買うべく、近くのスーパーを探す。一番近い台北火車站北側にあるバスステーションビルのQスクエア (京站時尚広場) のスーパーに向かうが、高級スーパーで安くない。

 結局、台北円環の少し南にある頂好(惠康超級市場)まで歩いて、手荷物以内で済むぐらいのお土産を買った。今回の旅は機内持ち込み可のスーツケースだったのであらかじめサブバッグを用意しておいた。

 松山空港到着、現在時刻13時。ちょっと早く着いたかな。

 国際線出境(国際線出発ロビー)に向かう。

 ANAのビジネスレーンは14時からしか人がいないらしいので、セルフチェックインする。

 さっさと出国手続きを行い、ラウンジでこじる。一般的に空港ラウンジより航空会社系ラウンジの方が豪華(日本は圧倒的に航空会社系ラウンジのほうが豪華)だけど、桃園空港のチャイナエアラインもしかり、台湾にある航空会社系ラウンジは割りとショボい。

 あ、VIPラウンジは知りません。

トラブル発生!?

 お腹いっぱいになり、記かづくと16時近くだったのでNH854便の出発ゲートに移動する。それでもまだチラホラ。

 定刻になっても搭乗案内が流れない。なんと遅延発生した模様。朝お願いしたからかな? いっそ飛ばなくてもいいのにと神様に再度お願いする。

 だが、そんな都合よいお願いを神様は聞いてくれるわけもなく、30分遅れで無事?搭乗開始。だがこうなると日本での最終が危うい。大丈夫だろうかと少し不安になる。

 ANAビジネスクラスの機内食。エコノミーより多少豪華ではあるもののトレイ付き。ちなみに長距離路線だとトレイはなく、前菜から順番にお皿で出てくる。松山ー羽田は短距離路線なので、手早くするためなのだろうか。

 2時間半であっという間に日本に着陸。定刻20:50のところ、30分遅れたのに20:56に日本に着くとは。

羽田空港~帰路へ

 ここからが時間の勝負。ビジネス→預託手荷物無しで最速を狙い、着陸からなんと羽田空港を20分で脱出できました。 

 着陸時刻20:56、切符を買って京急に乗り込んだのが21:21分。作戦勝ちでした。

 品川から無事、新幹線で自宅への帰路につきました。

今回の旅行まとめ

 今回の旅は、マイル消化で特典航空券のビジネスクラスを利用した台湾旅行だったけど、移動や待ち時間が短くてとても快適な旅でした。あと台南のゲストハウスはまた泊まりたいほどよかった。高雄のあひるやさんもそうだけど、綺麗なゲストハウスがとても多い。

次はまた台南に行きたいなー。やっぱり台南が一番好き。

おしまい

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告