仕事に疲れたからまた台湾行ってきたよ◎4日目 正興街、新美街、信義街、神農街

 明日日本に帰ることで下り坂な気分を何とか上向きにして、昼12時頃ゆっくりとゲストハウスを後にする。まずはと、すぐ近くにある「正興街」に行ってみることにした。

↓↓↓ 4日目朝の記事を読みたい方はこちらからどうぞ ↓↓↓

仕事に疲れたからまた台湾行ってきたよ◎4日目朝
 昨日のカフェ巡りの後にゲストハウスに戻ってからは、シャワーを浴びたり、本を読んだり、寝っ転がりながらパソをいじったり、天井を見てボーっとし...
正興街を散策

 まずは正興街。この海安路を右に曲がると「正興街」の通りに入ります。

 いきなり並んでる正興猫発見。どうやら週末午後はホコ天になるらしいね。

 で通りがかりのお店を見てみると、お店の前には確かにいた正興猫。

 あっちもこっちも正興猫、お店の前にほとんどいる。本人と見比べてみたら面白いね。

 小さいエリアなのであっという間に見終わってしまい、ブライアン喫茶が気になりつつも正興街を後にしました。

新美街を散策?

 続いて新美街。Google Mapで調べてみると、昨日行ったkokoni cafeのあたりらしい。でもあの辺り何かあったっけ?と思いつつもとりあえず行ってみた。

 「新美街」に到着、、、ここだよな?と思いつつ確認するも間違いない。特に何もなく、普通の裏通り的な感じ。

 近くに「kokoni cafe」はある。でもやっぱり他に目ぼしいお店が見つからなかったので、次なる目的地へ行くことにした。

信義街を散策

 「信義街」に到着。まずはとても立派な門がありました。

 神農街ほど商売商売してないけど、ちらほらお店があります。ホントちらほら。

 この信義街を一番端まで行くと「兌悦門」という城門があります。

 ちょっと疲れてきたので、門を引き返してこの「Liberal cafe」で休憩することにした。

 店主らしきお兄ちゃんが2階もあるよーって上を指すので2階に上がった。誰もいなくてクーラーも効いてて気持ちいい。

 アイス柚子茶を注文100元(≒360円)。柚子のさっぱりした感じと甘みが疲れた体に染み渡ります。汗が完全に引いたので退店。

 続いてココ「慕紅豆」。実は最初、素敵な家だなあと思って写真とってたら実はお店でした。店主のおじちゃんの笑顔に誘われて、折角だからなんか食べてくかーと入店。

 かなりレトロで素敵な感じの店内。メニューは紅豆湯+思慕於露、紅豆花水+思慕於露、紅豆雪綿冰、紅豆豆漿冰淇淋の4種類しかないらしい。紅豆雪綿冰70元(≒250円)を注文。

 僕は甘いのは嫌いじゃないしワリとよく食べるけど、自分がそれに望む以上に”甘すぎる”ものは好きじゃない。日本のあんみつとかも自分にとっては”甘すぎる”らしく、あまり得意ではない。

 一口食べたらナニコレ美味しい。自然でかなり優しい甘さがかなり僕に合う。(これは絶対女子受けするやつだなあ)とか勝手に思いながらパクパク食べて、気づいたら全部無くなっていた。

 感じがいい店主に代金を払って、まったりした空気の信義街を後にした。

菜尾王で昼食

 散策途中、小腹が空いてきたのでちょうどあったこの「菜尾王」で昼食をとることに。

 筍絲肉筋飯55元(≒200円)。思った以上におなかが空いていたのか、あっという間に食べつくした。

神農街でお酒を嗜む

 お腹は満たされていい感じにフラフラして神農街に差し掛かった。ちょうど見えた「太鼓101珈琲」に入る。

 僕にとってこの「太鼓101珈琲」は、メニューとかじゃなくて雰囲気そのものがとても気に入っている店。珈琲は飲んだことなくて、飾りで置いてあるようなお酒しか頼んだことない。しかもお酒はわりと高いのであまりオススメできない。200元×2杯(≒1,500円)

 後ろで話してる店員の女の子たちの会話がとても心地よくて、いつまでも居たいなーと思った。

今日の散策を終えて

 今日は正興街、新美街、信義街、神農街と歩いて、新美街はよくわからなかったけど、信義街は人もほとんどいないし、ぶらぶらするには良い場所だなあ。次来たらまた行ってみたい。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告