SFC(スーパーフライヤーズカード)は本当に必要かどうか考えてみた。

 今年(2017年)僕のANAメンバーステータスはプラチナなんで、スーパーフライヤーズカードを申し込んで審査が通ればスーパーフライヤーズ会員になれます。

 この記事を読む前に、マイルやマイレージ制度、ANAマイレージクラブについてよく分からない方は、まず こちら↓の記事を読んでみてください。

初心者向けにマイルやマイレージ制度、上級会員の事をざっと説明するよ!
 僕は出張にしろ旅行にしろ、CAの対応や各種サービスを結構気に入っているANAファンなので、やっぱり航空会社はANAを利用することが多いです...
今年は早々にプラチナ確定

 ありがたいのかありがたくないのか今年は出張が多く、3月の時点で翌年のプレミアムメンバー(上級会員)のブロンズ確定、7月の時点でプラチナステータスの獲得条件である50,000プレミアムポイントを達成し、翌年のプラチナが確定しました。無事?プラチナステータスの案内も届きました。

 僕は仕事が大っ嫌いですが、今の仕事は海外出張が多いので、陸マイラーの方々がSFCを獲得するためだけに50万ほどかけてフライトしまくる、通称「SFC修行」をすることなくプラチナになれたことについては、正直「この仕事してて良かったなあ」と思いました。

SFC(スーパーフライヤーズカード)の魅力

 プラチナ以上の上級会員だけが申請所持することを許されるスーパーフライヤーズカード(通称SFC)は、一度所持すればクレジットカードの年会費さえ払い続けさえすれば、一生涯上級会員でいることができます。

 今年の僕はプラチナなんでSFC申請ができますが、実はこの一生涯上級会員というプレミアムカード、SFCを取得するかどうか大いに悩んでいます。陸マイラーの人のブログを見たりして知識を得たりはしてるけど、まだまだ僕自身勉強不足。

 そこで今回は「SFCを持つ必要があるのかどうか」をしっかり検証していきたいと思います。

SFCのメリット(一般会員)

 まずはじめに、一般会員がSFCを持つことによるメリットを箇条書きにしてみます。

  • 上級会員専用サービスデスクの利用
  • プレミアムエコノミーへの無料変更
  • ラウンジの無料利用(本人+1名)
  • 座席クラスのアップグレード
  • 国内線座席指定の優先
  • 予約時の空席待ちの優先
  • 特典航空券の優先
  • 優先チェックインカウンター
  • 専用保安検査場の利用
  • マイカー・バレーの優待(成田空港)
  • 手荷物受け取りの優先
  • 優先搭乗
  • 羽田空港駐車場の優先予約
  • 手荷物許容量の優待
  • 空港での空席待ちの優先お取り扱い
  • 香港国際空港の優先レーン
  • アップグレードポイント→SKYコインの交換
  • フライトボーナスマイル35%~
  • IHG・ANA・ホテルズでの優待
  • マイル→SKYコインへ特別倍率交換
  • オリジナルネームタグ
  • ダイアリー等プレゼント
  • プレミアムメンバー限定ANAセレクション
  • ライフスタイルマガジン発行

     一般会員が所持した場合、色々と大きなメリットがありそうですね。陸マイラーが「SFC修行」してまで持ちたい理由が何となくわかる気がします。

    SFCのメリット(ブロンズ)

     続いて、ブロンズ会員がSFCを持つことによるメリットを箇条書きにしてみます。

  • プレミアムエコノミーへの無料変更
  • ラウンジの無料利用(本人+1名)
  • 特典航空券の優先
  • 優先チェックインカウンター
  • 専用保安検査場の利用
  • マイカー・バレーの優待(成田空港)
  • 手荷物受け取りの優先
  • 優先搭乗
  • 羽田空港駐車場の優先予約
  • 手荷物許容量の優待拡大
  • アップグレードポイント+4P
  • フライトボーナスマイル+5%
  • IHG・ANA・ホテルズでの優待
  • オリジナルネームタグ
  • ダイアリー等プレゼント
  • ライフスタイルマガジン発行
  • カード継続で+2,000マイル

     スーパーフライヤーズ会員は自動的に「スターアライアンスのゴールドメンバー」になるので、ブロンズ会員が所持した場合も色々とメリットがあるのがよくわかります。(ブロンズ会員はスタアラゴールド資格がない)加えて上級会員の場合はボーナスマイルがついたり、カード継続すれば2,000マイル貰えたりしますね。

    SFCのメリット(プラチナ以上)

     続いて、プラチナ会員以上がSFCを持つことによるメリットを箇条書きにしてみます。

  • アップグレードポイント+4P
  • フライトボーナスマイル+5%
  • オリジナルネームタグ
  • カード継続で+2,000マイル(SFCゴールドなら更に+2,000マイル)

     現行のプラチナ会員であれば、多少の恩恵はあるもののそれほどのメリットはなさそうですね。ずっとプラチナ会員以上であれば、SFCを持つ必要はあまりなさそうですが現実的ではないです。

    SFCのデメリット

     デメリットは「クレジットカードの年会費が必要」なことだけです。なおSFCの種類により、年会費やボーナスマイル・保証などが違います。

    参考リンク:スーパーフライヤーズカード ラインアップ

    僕個人の状況とメリットの考察

     これは僕自身がSFCを持つことによる恩恵がどれだけあるのかの考察です。あくまで僕個人が持つかどうかの検討なんで、他の人には当てはまらない部分もあるだろうし、参考程度にご覧ください。

  • 出張で一般会員~上級会員と行き来する
  • 貯まったマイルは特典航空券にする
  • マイルなどをskyコインに交換しない
  • 国内線はほぼ利用しない
  • 空席待ちはほぼしない
  • 車で空港にほぼ行かない
  • プレミアムエコノミーを利用しない
  • 香港に行く予定も今のところない
  • エコノミーで優先搭乗しない
  • IHG・ANA・ホテルズを利用しない
  • 専用サービスデスク、ネームタグ、限定セレクション、ライフスタイルマガジンはどうでもいい

    状況を考慮したうえでの僕限定のメリットは次の通り。

  • ラウンジの無料利用(本人+1名)
  • 特典航空券の優先
  • 優先チェックインカウンター
  • 専用保安検査場の利用
  • 手荷物受け取りの優先
  • 手荷物許容量の優待
  • フライトボーナスマイル35%~
  • ダイアリー等プレゼント

    ステータスが上級会員なら下記もメリットになります。

  • アップグレードポイント+4P
  • フライトボーナスマイル+5%
  • カード継続で+2,000マイル(SFCゴールドなら更に+2,000マイル)

     僕の場合ですが、ラウンジは出張はビジネスで使えるし、一人旅でプライオリティパスも持っているのでそれほどメリットに感じません。今のところ一番の恩恵は、特典航空券で台湾旅行するので「特典航空券の優先」だと思います。

    結局どうするの?

     いろいろ考えたけど結局持つ持たないの結論は出ませんでした。すぐに申込はしないと思いますし、2019年3月まではプラチナなのでゆっくり考えたいと思います。

  • スポンサーリンク
    レクタングル(大)広告
    レクタングル(大)広告

    シェアする

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    フォローする

    スポンサーリンク
    レクタングル(大)広告