Zenfone3でmineoのau系SIMを使おうとして大失敗した話

 3連休は3連勤な台湾緑茶(@twn_ryokucha)です。僕が先日新規購入し、昨日使い始めた「mineo」の格安SIMですが、実は思わぬ落とし穴が待ち受けてました。

MVNO3社目でSMS付きの格安SIMに切り替えた理由。各MVNOの感想など
 もはや知らない方はいない「格安SIM」。縛りも無いし気に入らなかったら気軽に切り替えられるのが最大のメリットですよね。去年頭ぐらいから格安...
SIMの設定をしたけど音声通話ができない

 mineoの格安SIMは注文してから2~3日で手元に届きました。

 海外旅行などでSIMの入替には慣れていたので、いつもの通り挿して設定すればデータ通信も音声通話もすぐ使えるようになると思い、設定後すぐデータ通信するのは確認できたので、音声通話の方は気にもとめませんでした。

 しばらくしてから、一応音声通話も確認しておくかと新しい番号に電話してみた。でもなぜか「話し中」。あれ?と思い、Androidの[設定]-[端末情報]で確認してみると何故か音声だけ圏外なんです。

 そもそも「話し中」はおかしいな?と思い、ネットで調べたりもしたけど原因がわからず。別のSIMフリーなスマートフォンに刺したりしてみたけどダメ。「SIMが悪いんじゃないか?」とか色々考えたりしながなら、結局はmineoのサポートセンターに電話することにしました。

どうにもできないのでサポートに電話してみた

 mineoのサポートセンターの受付時間は9:00~21:00までと、この辺りは嬉しいですね。現在時刻は20:30、まだ間に合うので「混んでるかなー」と思いつつ電話してみたらすぐ繋がりました。

本人確認をしたあと、早速症状を話しました。

僕「データ通信はできるけど、音声通話が出来ないんです」
サポ「スマートフォン端末はなんですか?」
僕「ASUSのZenfone3 ZE520KLです」
サポ「ご契約内容をお調べしますので少々お待ちください」
僕「はい…」

サポ「お待たせいたしました」
僕「いえいえ」
サポ「お客様はau SIMを購入されていますが…」
サポ「お持ちの端末だとVoLTE SIMでないと使えないですね」
僕「何すかそれ?」

 よくよく話を聞いてみると、僕はどうやら買うSIMを間違えたようです。

VoLTE(ボルテ) SIMとは?

 調べてみると、au系MVNOの「mineo」や「UQ mobile」で購入するSIMカードの種類には「au SIM」と「au VoLTE(ボルテ)SIM」の2種類あることがわかりました。au VoLTE(ボルテ)SIMはマルチSIMとも呼ばれています。

 ちなみにVoLTE(ボルテ)とはVoice Over LTEの略で「LTE回線を用いた高音質通話」のことです。

 僕が買ったのは「au SIM」の方で、通称黒SIMと呼ばれるものでした。僕はSIMフリー端末であれば、SIMの形状だけ確認すればいいやと思っていました。

 僕が最初買ったのはIDOの携帯で、それから15年間ほどずっとdocomoユーザーでした。SIMの入替は海外SIMも含めしょっちゅうしてることなので、まさかこんな落とし穴があるなんて予想もつきませんでした。

動作確認端末一覧を確認すると

 本来はSIMを購入する前に、mineoのサイトにある「動作確認端末一覧」で自分のスマートフォンはどのSIMが使えるのかを確認する必要があったんです。サイトトップページのメニューに「動作確認端末一覧」があり、ここで確認できます。

 動作確認端末一覧はauプラン(Aプラン)で「ASUS Zenfone3」が使えるかどうかをチェックしました。携帯キャリアの選択は「mineo」を選択。

 検索結果。確かにZenfone3(ZE520KL)は、au系だと「VoLTE(ボルテ)SIMしか使えない」ことが確認できます。

 色々調べてる最中にZenfone3のまとめサイトを見つけましたが、そちらにもしっかり掲載されていました。

 参考リンク:ASUS ZenFone 3まとめWiki

SIMの変更手続き

 SIMの変更手続きはeoIDでログイン後、マイページ下部にある[ご契約サービスの変更]からできます。

 変更後のSIMは色々考えましたが、そもそも自宅でauの電波が弱いのとかもあって、90円高くなるものの「au VoLTE(ボルテ)SIM」ではなく、今まで通りのドコモ回線「Dプラン」を選びました。変更手続きには、変更手数料とSIMカード発行料で2,585円必要でした。勉強代だと思って諦めます。

 余談ですが、変更手続きをして数時間後に切り替え手続きが始まったのか、いきなりデータ通信もできなくなりました。SIM切替する場合は注意が必要です。

au系SIMを選ぶ時の注意点まとめ

 最後にau系SIMを選ぶ時の注意点などのまとめです。

  • au系格安SIMは「au SIM」と「au VoLTE(ボルテ)SIM」の2種類がある。
  • SIMを購入する前に「動作確認端末一覧」でどのSIMに対応しているか確認すること
  • SIMの変更手続きは2,585円必要になる。

     費用を抑えるための格安SIMなのに、とんだ出費をしてしまいました。僕は下調べもせず月90円ケチったために2,600円を失うという大失敗をしましたが、au系の格安SIMにしたいときはご注意ください。

     あ、mineoのサポートセンターの対応品質はとても良かったですよ。

  • スポンサーリンク
    レクタングル(大)広告
    レクタングル(大)広告

    シェアする

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    フォローする

    スポンサーリンク
    レクタングル(大)広告