帰国すると思いきやそのまま台湾◎in高雄、今日の宿

 台南最終日の朝、身支度を終えた後にロビーへ向かう。

↓ 前の記事を読みたい方はこちらから ↓

帰国すると思いきやそのまま台湾◎台南の夜
 夜になるまでは、ベッドでスマホいじったりしながらダラダラしていた。  寝ながら食べるスナック菓子はたまらんね。しかもノンフラ...
台南最後の朝

 「Light Hostel 承億輕旅台南館」の朝食。ほぼ食べないけど。作業後、コーヒーだけいただく。

 ホステル目の前の交差点。まだ空は少し白けている。余談だが「良辰吉时(良辰吉時)」という茶飲専門店、オープンしたてということもあるが毎日大行列だった。

参考リンク:良辰吉时

 タクシーで台南駅(台南火車站)まで移動、100元(≒400円)。今日の天気は快晴だ。

高雄に向かう

 ゆっくりと区間車で高雄に向かうことにした。68元(≒270円)。

 台南駅ホームの様子。レトロ感が凄い。

 ゆっくり揺られながら1時間ほどで高雄駅に到着。お腹が減ったので、朝食からこっそり持ってきたバナナを食べる。

今日の宿「Fly Inn Hostel 飛行家青年旅館」

 高雄での宿はここ「Fly Inn Hostel 飛行家青年旅館」。

 MRT三多商圏駅(1番出口)から徒歩2分、高雄→成田の飛行機が朝7時なので、最寄りの高雄国際空港まで5駅の位置にあるこのホステルにした。

 地下1階にある「Fly Inn Hostel 飛行家青年旅館」のフロント。チェックインを済ませ、荷物だけ預かってもらう。ちなみに8人部屋と6人部屋があったが6人部屋を選択、朝食抜きで1泊560元(2,240円)。

 朝食は午前8時~10時まで、チェックアウトは午前11時まで、ロビーが開いてるのは午前0時まで、全館禁煙、部屋での臭いの強い食べ物禁止、午後10時以降は静かにと書かれている。(つまり部屋で臭豆腐はNG、まあ食べないけど。)

近場を歩く

 正面にあるのが有名な「高雄85ビル」。しかし日差しが強い。20度前後で冬服だととても暑かった。

 近場で見つけたお店「君小物」。わわかってるわい! 普通の小物ショップです。

 部屋に入れる時間までの間、ホステル近くにあった木陰で休憩。台南で食べ残した台湾ビールと冬筍餅を食べる。

「Fly Inn Hostel 飛行家青年旅館」の施設1

 地下1階にあるフロント横のロビー風景。新しくて綺麗、席もたくさんあった。

 6人部屋の様子。こちらも6人にしてはかなりゆったりした部屋。

 部屋にあったテーブル。当然wifiも無料。右にあるのが広めの個人ロッカー、上部が洋服掛け、中段があって、下部がセキュリティ収納。

 今日の寝床。窓があってとても良い位置。

 ロッカーにあった小物入れ。シャンプーなどを持参したときにこれに入れて洗面へ行く。こういうのがとても嬉しい。ちなみにバスタオルも無料で貸してくれた。

「Fly Inn Hostel 飛行家青年旅館」の施設2

 部屋階のエレベーター前。入口で土足とスリッパを履き替える。

 使う人数にもよるが、洗面ルームも広い印象を受けた。

 洗面ルーム右奥にはシャワースペース。左奥にはトイレがあった。たまに換気が悪くて臭いホステルもあるが、ここは臭いが全然しなかった。

 シャワールーム。こちらもとても広めで◎。

夜の予定

 今日の夜は飲みたいし、あと近場の夜市も回る予定。台湾最後の夜は沢山楽しもう。

 夜までもう少し、部屋待機だ。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告