帰国すると思いきやそのまま台湾◎旅行費用まとめ

スポンサーリンク

 2018年1月11日~14日、3泊4日の台湾旅行(台南、高雄)に行ってきた旅行費用のまとめです。なお台湾ドルについては、高雄空港の台湾銀行カウンターでの両替レート(2018年1月11日付)である1元=3.9円として計算しています。

航空券と空港諸経費

 今回利用した飛行機の航空会社は、ANAと同じスターアライアンスのエバー航空で、行きは成田→高雄、帰りは高雄→成田をの便を利用しました。航空券は出発3日前にエバー航空のホームページよりの取得し、総額(航空券+諸経費)として38,730円支払いました。内訳としては運賃30,600円、サーチャージ3,000円、航空保険特別料金600円、日本の空港使用料2,090円、日本の旅客保安サービス料520円、台湾の空港使用料1,920円になります。

日本国内交通費

 日本国内の自宅~空港までの交通費は、出張帰りにそのまま成田空港から台湾旅行へ行ったので自己負担0円でした。

台湾国内交通費

 台湾国内は空港~ホステルや台南~高雄なのど移動、近場の移動の交通手段としてMRT(地下鉄)、台鉄、タクシーを利用しました。交通費は総額729元(≒2,843円)かかりました。

宿泊費

 今回の宿は台南で2泊、高雄で1泊、ゲストハウスに宿泊しました。台南では「Light Hostel 承億輕旅台南館」、高雄では「Fly Inn Hostel 飛行家青年旅館」を利用しました。宿泊費の総額は3泊で1,560元(≒6,084円)、1泊当たり520元(≒2,028円)でした。

おしゃれで綺麗☆プライベートを大事にできる台南のゲストハウス「Light Hostel 承億輕旅台南館」
 先日の台湾旅行の際、台南で3泊しました。その時に泊まったゲストハウスがとても良かったのでご紹介します。泊まったのは「Light Hoste...

 お気に入りの常宿の「Light Hostel 承億輕旅台南館」はもとより、今回初めて利用した高雄の「Fly Inn Hostel 飛行家青年旅館」も、スタッフは親切だし、清潔でとても良いゲストハウスです。自信をもってオススメします。

通信費

 僕は現地のプリペイドSIM(台湾大哥大)を持っており、高雄に着いた1月11日にチャージしました。通話はせずデータ通信3日間無制限のプランを選び、300元(1,170円)かかりました。

飲食費

 食事は主に安い食堂や屋台を9回利用し計750元(≒2,925円)、1回あたり約83元(≒323円)でした。他にもコンビニでお酒やお茶、お菓子などを購入し計284元(≒1,107円)使いました。合計1,034元(≒4,032円)でした。

 なお空港での飲食については成田空港・高雄空港ともにラウンジを利用したので一切お金を使ってません。

その他の費用

 今回はタイトルにもある通り、日本に帰国した成田空港から台湾旅行にいきました。その他の費用として台湾旅行に必要ない仕事の荷物を送るのに宅急便を利用し、3,502円かかっています。

 またお土産は一切買いませんでした。

旅行費用まとめ

 下記が内訳になります。今回はかなり特殊な状況からの台湾旅行なので、あまり参考にならないかもしれません。

 航空券等  38,730円(68.7%)
 日本交通費    0円
 台湾交通費  2,843円(5.0%)
 宿泊費    6,084円(10.8%)
 通信費    1,170円(2.1%)
 飲食費    4,032円(7.2%)
 その他    3,502円(6.2%)
========================
 合計    56,361円

貯まったマイル

 最後に今回の台湾旅行で貯めたマイルです。僕はANAのマイレージ会員なので、今回のエバー航空のマイレージはすべてANAマイレージに貯めました。エバー航空はエコノミークラスを利用して、往復で1,490マイル貯まりました。ご参考までに。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告