台湾ドルへの両替はここがお得!おすすめの両替場所。

こんばんは、台湾緑茶です。
今回は両替の仕方とオススメの場所を紹介します。

 まず台湾で使えるお金は「台湾ドル」と言います。台湾元とも言います。NT$と表記されたりもします。中国の元とはまったく別物です。

 レートは2017年2月18日現在で、1台湾ドル=3.63円です。2年前(1台湾ドル=3.82円)より少しマシですが、昨年末から円高傾向です。

台湾の紙幣
台湾ドル紙幣

両替はどこがお得?

 まず日本国内での両替は、手数料がとても高く損なので絶対しないほうがいいです。日本でするぐらいなら台湾でしましょう。

 台湾で両替できるところはいくつもあります。空港やホテルのフロント、台湾国内の銀行、郵便局、ツアーの場合だったら添乗員など色々あります。

 レートは前後しますが、比較するとだいたい次のような感じになります。

両替のお得度(右ほどレートが良い)
 ホテル < ツアーの添乗員 < 空港の銀行 < 郵便局 < 市内のレートが良い銀行

両替はどこが楽?

 初めての台湾旅行の場合、両替一つもドキドキしますよね。お手軽さも重要だと思います。お手軽さを比較すると次のような感じです。

両替のお手軽度(右ほどお手軽)
 市内の銀行<郵便局<空港の銀行<ホテル<ツアーの添乗員

 当然個人旅行の場合は添乗員なんていませんし、ホテルもゲストハウスなんかだと両替できません。

で、両替はどこがおすすめ?

 初心者の方におすすめなのは空港の銀行です。手数料は一律30元、レートが良い銀行よりは若干悪くなりますが、みんなやってるから安心だし、面倒な手続きが不要でお手軽です。
 
空港での両替の仕方

  1. 両替したい分のお金を渡す。
  2. 確認のサインをする。

 以上!なお話せなくても問題ないです。というよりほぼ会話無しです。それでも不安なら前の人の動きを見ていれば安心です。

 ある程度海外慣れしている方は、市内の銀行や郵便局で両替すればさらにお得です。なお両替の際はパスポートが必要です。

台北車站の簡易郵局レシート

キャッシングは?

 現地でATMキャッシングして帰国後すぐ返すとさらにお得になったりしますが、キャッシング枠の設定が必要ですし、カードによってはリボ払いになる場合もあるので注意が必要です。

 そもそも台湾は日本に近く、日本紙幣が取引されており手数料を含む両替レートも安いので、旅行で使う程度のお金ならほぼ誤差です。

FindRateでレートをチェック

 最新レートの確認は下記のサイトがとても便利です。
 銀行匯率比較·匯率查詢·匯率換算 FindRate

FindRate

表の見方は次の通りです。

  • 「現鈔買入」が日本円→台湾ドルへのレート
  • 「現鈔賣出」は台湾ドル→日本円のレート
  • 「現鈔手續費」は手数料、「免手續費」=手数料無料(レートに含まれてる)
    日本円も残しておくこと

     あと帰国後の交通費も余裕をもって確保しておきましょう。実は台湾緑茶は一度だけ、大雨で予定していた近くの空港で着陸できずに、少し遠い空港に着陸しました。

     日本円もギリギリしか持っていなかったため、帰国後の交通費が足りなくなって仕方なく再両替しました。日本での再両替は一番損なパターンです。

    まとめ

    それではまとめです。

  • 日本では両替しない。
  • 空港が便利で楽。
  • キャッシングは誤差。
  • 日本円も残しておく。

     最後に両替する日本円の目安ですが、旅行日数×1万円(宿泊費は別)を目安にしてみてください。少し多いぐらいかもしれません。

     余ったら再両替は損なのでおみやげなどで使いきるか、次回の台湾旅行に持ち越しましょう。

     お得に両替して良い旅を。

  • スポンサーリンク
    レクタングル(大)広告
    レクタングル(大)広告

    シェアする

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    フォローする