レンタルWi-Fiは必要ない?!台湾で無料Wi-Fiを使ってみよう。

こんばんは、台湾緑茶です。
今回は台湾での「スマホ利用」についてのお話です。

 台湾旅行中でも(特に個人旅行の場合)行きたいお店を調べたり口コミをみたりと、スマホで調べたいことが沢山あります。台湾でもインターネットが利用できたらとても便利ですよね。

台湾でスマホ(インターネット)を使うには?

 台湾でスマホ(インターネット)を利用する場合、一般的なのは下記の4つの方法です。

  1. 国内キャリアの海外プランを使う。(例:Docomoの海外パケホーダイなど)
  2. 日本でWi-Fiルーターをレンタルする。
  3. 台湾キャリアのsimカードを手に入れて、simフリー端末で利用する。
  4. 無料Wi-Fiを使う。

 現在一番メジャーに利用されるのは、イ○トのWi-FiなどのWi-Fiルーターをレンタルする2.の方法です。

インターネットの費用

参考までにそれぞれの費用目安です。

  1. 国内キャリアの海外プラン:1000円~3,000円/日
  2. Wi-Fiルーターレンタル:500円前後/日
  3. 台湾キャリア:300円前後/日
  4. 無料Wi-Fi:無料

 今回はまず、4.の「無料WiFiでインターネットを利用する方法」についてご紹介します。

行政機関の無料Wi-Fi

 今でこそ日本も無料Wi-Fiがそれなりに便利になりましたが、台湾は日本よりもWi-Fi網が発達したのが早く、当然カフェやホテル、コンビニなどは当たり前に使えますし、行政機関が運営してる無料公衆無線Wi-Fiサービスも充実しています。

行政機関の無料公衆無線Wi-Fiサービス

  1. Taipei Free(台北の無料公衆無線LANサービス)
  2. iTaiwan(台湾全土で使える公共無料WiFi)
  3. New Taipei City WiFi(新北市ワイヤレスLANサービス)
  4. iHsinchui(新竹市の公共無料WiFi)

 また上記の4つはそれぞれ相互利用が可能(1つに登録すれば他でも全部使える)で、つまり「Taipei Free」だけ登録すればOKです。

Taipei Free 台北無料公衆無線LANの登録方法

 そして実に便利なことに、「Taipei Free」は日本から事前登録ができます。

taipei free wifi

日本からの登録方法

  1. 1.Taipei Freeへアクセスし、「無料アカウントの申請」をクリック。
  2. 国は「Japan」、携帯電話番号欄に「81」が表示されます。
  3. 「81」に続けて、自分の携帯番号の最初の「0」を抜いた番号を入力。
  4. 任意のパスワード(2回)と、メールアドレスを入力。
  5. 「規約に同意」にチェックし、「次へ」をクリック。
  6. 携帯にSMSが届きます。
  7. 認証コードを入力。
  8. 「your validation Code」の後に続く6桁の番号を、「enter the activation code received by SMS」の後の四角に入力。
  9. 登録完了。
実際使った感想は?

 実際使ってみて、台北などの都市部では無料WiFiだけでも十分事足りました。地方や山などはさすがに繋がらないことが多く不便でした。

 また都市部でも、場所(中山站近辺が重かった)や時間帯により少し重いときがありました。でも少し調べるぐらいなら十分使えます。「重くてどうにもならない」という方は、カフェで休憩しながらお店の無料Wi-Fiを使いましょう。

海外でインターネットを使う際の注意点

 日本国内の大手キャリア(Docomo、AU、Softbankなど)を使ってる方は、一つだけ注意したいことがあります。ローミングサービス(海外でデータ通信を行うサービス)にしらずに契約にしており、台湾に行ったとたんにデータ通信してしまうことです。

 前述したとおり、大手キャリアの1000円~3,000円/日定額制なので非常に高額です。

 台湾に行く前は、必ず日本の空港でデータローミングのチェックを外すのと、データ通信をOFFに設定しておきましょう。

 それでも心配な人は、荒業ですがSIMカードを抜いておきましょう。(SIMカードが無くてもWiFiは使えます)

小さいので無くさないように気を付けてください。
それでは良い旅を!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする